医師事務作業補助者を目指して!【仕事内容と必要な資格を解説】

鍼灸

まずは資料請求をしたい

高校生や大学生は、医療関係の仕事に就きたい人も多く、鍼灸の専門学校に通学をしたい人が増加しています。インターネットを利用すると、資料請求ができますし、体験入学もできるので、一度参加してみると良いでしょう。

女の人

医療分野の資格を知る方法

国家資格の情報を得るには、国家資格の一覧サイトや学校の資料が役立ちます。この分野はこの資格と完全に分かれていないのが、医療分野の資格の特徴です。他の資格と業務が被る事もあるが、この専門性が高くてこの仕事に就けるのはどれかを知る情報源となります。

最新記事一覧

女性

医療事務の専門家

医師事務作業補助という資格を取得することで医療事務の専門家として活躍していくことが出来ます。医師が行っている事務作業全般が仕事となっていることから今後の医療業界でも必要とされていく有望資格でもあります。

鍼灸

高い需要のある伝統療法

鍼灸師は、伝統的な民間療法である鍼灸を業とする鍼師・灸師という国家資格の総称です。養成施設で3年以上学び、それそれの国家試験に合格すると取得できます。治療家としてだけでなく、美容や疲労回復などの専門家としても人気があります。

婦人

医療系資格で就職を有利に

医療系の国家資格の取得を考えているのなら、一覧としてまとめられている情報を利用して、自身にピッタリなものを見つけましょう。独学のみで取ることが可能なものから学校に通わなければいけないものなど、いろいろあるため、自身の状況にあった国家資格を見つけることが大切です。

医療をサポートする立場

レディ

知識は持つほうが良い

医師事務作業補助者は別名医師クラークと呼ばれるもので、診断書の作成など事務作業を補助する仕事です。医師事務作業補助になるために、特別な資格や免許を取得しなければならないというわけではありません。民間資格はいくつかありますが、必ず取得しなければいけないものではありません。誰でも職業として就くことができます。その業務は、医療文書作成代行や電子カルテなどの診断記録の代行入力、外科手術の症例登録、カンファレンスの準備などを行っていきます。これは医師の過重労働を防ぐために、事務作業をサポートするためにある仕事で、2008年に診療報酬改定によって設置されたものです。医師や看護師との連携も重要となる立場なので、仕事をするにはコミュニケーションをとることも大切です。そのため、人と上手にコミュニティをとることができないのであれば、医師事務作業補助の仕事は厳しくなるかもしれません。そしてパソコンを使っての作業がほとんどとなります。もし医療事務作業補助の知識を習得するために養成学校や通信講座で学ぶのであれば、パソコンのスキルを習得するのも良い方法です。学校にパソコン業務を教えてくれるところであればなおのこと良いかもしれません。学校に通って勉強すれば同じ目的を持った人とかかわることができるので、コミュニケーション能力も高めていくことができます。誰でもなることができる専門家とはいえ、医師事務作業補助者は医師や看護師をサポートする大事な立場であるということを理解することが重要です。

Copyright© 2017 医師事務作業補助者を目指して!【仕事内容と必要な資格を解説】 All Rights Reserved.