医師事務作業補助者を目指して!【仕事内容と必要な資格を解説】

最新記事一覧

高い需要のある伝統療法

鍼灸

疲労回復や美容にも役立つ

鍼灸といえば伝統的な民間療法としておなじみですが、医療に関する国際機関等でも一定の効果が認められていることから、傷病の治療に用いることもできます。その場合、施術者は国家資格を取得する必要があります。鍼灸に関する国家資格はそれぞれ鍼師・灸師といいます。資格を取得するには国が指定した養成課程で必要な知識や技能を3年以上学び、国家試験に合格する必要があります。養成課程は主に医療系の大学や短大、専門学校に設けられています。特別支援学校には視覚障がい者向けのコースが設置されています。理論や技術に共通点が多いことから、鍼灸双方の資格を併有する人が多いのが特徴です。鍼灸師の多くは個人営業の鍼灸院で業務に従事しており、治療家としての需要はそれほど多くありません。しかしながら、鍼灸師の資格自体はかなり高い人気があります。というのも、疲労回復といった健康増進目的や、美容目的での需要が非常に高いためです。鍼灸には、「ツボ」を刺激することによる血行促進効果があると言われています。そのため、肩こりや冷え症などの改善に役立つとして施術を希望する人が多いのです。また、鍼による施術の中には美容鍼と呼ばれるジャンルがあり、小顔効果やダイエット効果を求めて施術を受ける人が少なくありません。こうしたニーズに対しても、スペシャリストとしての証しである国家資格は非常に役に立ちます。さらにアスリートの中にも鍼灸の信奉者が多いため、スポーツトレーナーとして活躍している鍼灸師もいます。

Copyright© 2017 医師事務作業補助者を目指して!【仕事内容と必要な資格を解説】 All Rights Reserved.